【アメリカ】トランプ陣営、プラスチック製ストローを1本160円で販売。ストロー廃止運動を挑発 2019/07/23 最新ニュース

 米トランプ大統領は7月19日、来る大統領選挙キャンペーンの一環として、「TRUMP」ロゴ入り使い捨てプラスチック製ストローを10本15米ドル(1,600円)で販売すると発表した。民主党が気候変動やプラスチック汚染問題で積極的に動く中、プラスチック製ストローを擁護する挑発的なアクションに出た。

 トランプ陣営は、ストロー販売のキャッチコピーとして、「民主党の紙ストローは機能しない。トランプ大統領を支持し、再利用可能なストローを買おう」と謳った。また、「BPA(有害物質のビスフェノールA)フリー」「メイド・イン・アメリカ」とも記した。

 トランプ大統領は、ホワイトハウスでの記者会見で、「プラスチック製ストローを禁止するか?」との質問に対し、「プラスチック製ストローよりもっと大きな問題があると私は思う」と否定的な見解を示した。また、プラスチック製トレイやラップ等も同様にプラスチック製だとコメントし、プラスチック製ストローにのみ焦点があたっていることを皮肉った。しかし、プラスチック製ストロー以外にも対応の動きは広がっており、トランプ大統領の見解は必ずしも正しい見方をは言えない。

 トランプ陣営のブラッド・パースケール選挙対策マネージャーは、「Making Straws Great Again」とトランプ・ストローを称賛した。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る