【日本】ヤフオク、種の保存法指定生物や環境省レッドリスト指定生物を出品禁止。生物多様性 2022/09/29最新ニュース

【日本】ヤフオク、種の保存法指定生物や環境省レッドリスト指定生物を出品禁止。生物多様性 1

 Zホールディングス傘下のヤフーが運営する「ヤフオク!」は9月29日、「ヤフオク!ガイドライン細則」を改訂。絶滅危惧種の出品を禁止した。8月29日に改訂を予告していた。

 ヤフオク!の従来のガイドラインでは、哺乳類、鳥類、爬虫類、象牙関連製品の出品は以前から禁止されていたが、今回新たに日本の「種の保存法」に基づいて指定された国内希少野生動物種や、追加指定予定として情報公開された動植物種の出品も禁止した。

 さらに、環境省が定めるレッドリスト(海洋生物レッドリストを含む)に掲載されている絶滅危惧種または準絶滅危惧種に該当する動植物種の取扱も禁止された。これにより約5,300種の動植物が一斉に対象となり、メダカやクワガタでも出品が禁忌されるものが出てくる。但し、レッドリストに掲載されている絶滅危惧種または準絶滅危惧種であっても、ストア出店者であれば人工的に繁殖された個体に限り出品が可能。

 また、外来生物法に基づいて指定された特定外来生物に関しては、従来は動物のみが禁止対象だったが、今回は植物も禁止指定された。加えて、法令等の規制対象に限らず、社会通念上相当な範囲を超えて入手または出品されており生態系や環境に悪影響を及ぼすおそれがあると同社が判断した動植物種も禁止してできるルールとした。

 一方、メルカリや楽天グループの「楽天ラクマ」は、すでに生物全般の出品を禁止している。

【参照ページ】ヤフオク!ガイドライン細則の改定予定について(動植物)

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Links