【日本】政府、エネルギー白書2019を閣議決定。再エネ拡大は難しい。原発再稼働が必要

Facebook Twitter Google+

 日本政府は6月7日、「平成30年度エネルギーに関する年次報告(エネルギー白書2019)」を閣議決定した。2018年に策定した「第5次エネルギー基本計画」では、再生可能エネルギーを「主力電源」にするとしたが、今回の白書では、原子力発電を主力電源としなければならない事情を説明した。  今回の白書は、再生可能エネルギーの可能性について、人口密度の高い日本では、政府が掲げる2030年に再生可能エネルギー(水力発電含む)の比率を22%から24 [...]

» 続きを読む

【日本】経済産業省、2018年度エネルギー白書が閣議決定。風力・太陽光より水素エネルギー強調か

Facebook Twitter Google+

 経済産業省は6月8日、2018年度エネルギー白書が閣議決定されたと発表した。今年度のエネルギー白書では、明治維新後の日本のエネルギーをめぐる歴史を詳述し、時代にとともに論点が移り変わってきたことを強調。現在の各電源分野や送配電においても、課題と今年度関連予算を結びつけて説明し、経済産業省として対応しているとする姿を全面に打ち出した。一方、将来のエネルギー計画については、「将来的に」再エネの主力電源化するとしつつも、別途第5次エネルギ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る