private 【南アフリカ】ブリティッシュ・アメリカン・タバコとJT、政府のたばこ販売禁止延長を不服とし提訴

Facebook Twitter Google+

 たばこ世界大手英ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)の南アフリカ法人と日本たばこ産業(JT)子会社のJTインターナショナル(JTI)は5月29日、新型コロナウイルス・パンデミックに基づく都市封鎖(ロックダウン)の一環として、たばこ製品の販売を禁止した3月後半の政府命令が一方的に延長されたことを不服とし、プレトリア高等裁判所に提訴すると発表した。  今回の事案は、 (さらに…)

» 続きを読む

【アメリカ】税関・国境取締局、マラウイ産たばこが強制児童労働に関与と認定。米国への輸入停止

Facebook Twitter Google+

 米国土安全保障省税関・国境取締局(CBP)は11月1日、マラウイ産たばこが強制労働や児童労働の関与している合理的な証拠が見つかったとして、マラウイ産たばこ及び関連製品を米国全土の港で保留する「違反商品保留命令(WRO;withhold release order)」を発布した。対象製品の輸出事業者に対し、マラウイ産たばこが含まれていないことを証明義務を課す。  米国法では、強制労働や児童労働に関与している製品の輸入が禁止されている。 [...]

» 続きを読む

【イギリス】ブリティッシュ・アメリカン・タバコ、タバコ農家のサステナビリティに関するレポートを公表

Facebook Twitter Google+

タバコ製造大手のブリティッシュ・アメリカン・タバコは11月3日、最新のサステナビリティレポート”Supporting farmers' livelihoods: The opportunity”を発表した。同レポートは、同社に原料を供給しているタバコ農家の生活のサステナビリティ向上にスポットが当てられている。 ブリティッシュ・アメリカン・タバコは現在10万を超える契約農家およびそれ以外のサプライヤーから年間40万トンのタバコの葉を仕入 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る