【アメリカ】環境保護庁、塩化メチレンに対する規制強化方針発表

Facebook Twitter Google+

 米環境保護庁(EPA)は5月10日、ペイントストリッパーに用いられることが多い塩化メチレン(ジクロロメタン)の規制強化に乗り出すと発表した。ペイントストリッパーでの塩化メチレンの使用が禁止されると観測されている。  ローテンバーグ化学安全法は、高い化学物質10種類を選定し、科学的調査を開始することをEPAに義務付け、塩化メチレンはそのうちの一つ。同法はさらに、10種類の化学物質発表から3年以内に調査を完了することを義務化しており、今 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】環境保護庁、化学物質10種類のリスク調査を開始

Facebook Twitter Google+

 米国環境保護庁(EPA)は11月29日、今年6月に成立したローテンバーグ化学安全法の規定により、人体や環境への潜在的リスクのある化学物質10種類の化学的調査を開始すると発表した。評価対象となるのは、 1,4-ダイオキシン 1-ブロモプロパン アスベスト 四塩化炭素 環状脂肪族臭素化合物 塩化メチレン N-メチルピロリドン ピグメントバイオレット29 テトラクロロエチレン トリクロロエチレン  ローテンバーグ化学安全法は、今年12月1 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】化学物質規制強化法案が成立、環境保護庁が化学物質規制を制定する計画

Facebook Twitter Google+

 米オバマ大統領は6月22日、化学物質の規制を強化する法案「Frank R. Lautenberg Chemical Safety for the 21st Century Act」(米政府が用いている略称は、「ローテンバーグ化学安全法」に署名し、同法案が成立した。米連邦政府の化学物質関連法としては、これまで1970年代のフォード政権下で成立した「有害物質規制法(TSCA)」があったが、環境規制当局の監督権限が小さく、化学物質規制強化 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る