【ルクセンブルク】政府、公共交通機関を2020年から無料化。交通渋滞や公害緩和

Facebook Twitter Google+

 ルクセンブルクのグザヴィエ・ベッテル連立政権は12月5日、公共交通機関を無料にする方針を発表した。現在1回2ユーロ、1日4ユーロに設定されているトラムやバス等の料金を2020年から全て無料にする。  ルクセンブルクでは10月15日に総選挙が行われ、民主党、社会労働党、緑の党の連立左派政権が全議席数60のうち31議席を確保し辛勝。グザヴィエ・ベッテル首相の続投が決まった。連立与党は選挙戦で環境政策を強調していた。  ルクセンブルクは人 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る