【国際】世界気象機関、2018年の海水温は過去最高を記録。海面上昇や海洋酸性化も進行

Facebook Twitter Google+

 世界気象機関(WMO)は3月28日、世界の気候に関する年次報告書の2019年版を公表した。海水温は、水深700m以上及び水深2,000m以上の面で過去最高だった2017年の記録を更新した。海水温上昇の背景についてWMOは、二酸化炭素等の温室効果ガスのエネルギーの90%以上を海洋が吸収したことによるものと言及した。  海面は、2017年から世界平均3.7mm上昇した。1993年から2018年までの海面上昇は3.15mm+0.3mmのペ [...]

» 続きを読む

【国際】「海水温が加速度的に上昇」。米Science、気候変動を証拠付ける新たな論文発表

Facebook Twitter Google+

 中国科学アカデミーのLijing Cheng氏率いる研究者チームは1月11日、海水温度が加速度的に上昇してきているとする論文を米科学誌Scienceに発表した。海水温度は気温に比べ、火山噴火等の突発的な影響を受けにくく、地球の気候変動を測定するのに適している。過去15年間、気温については上昇速度が落ちてきているという「Hiatus」と呼ばれる主張もあったが、今回海水温度が加速度的に上昇していることが判明したことで、地球温暖化が大きく [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る