【国際】RobecoSAMとGRI、投資家と企業のマテリアリティ目線が一致しているか調査

Facebook Twitter Google+

 国際的なサステナビリティ報告基準策定のGRIと、ESG投資格付機関大手のRobecoSAMは5月3日、企業と投資家のマテリアリティ目線が一致しているか否かを調べた報告書「Defining What Matters: Do companies and investors agree on what is material」を共同で発表した。アルミニウム製造世界大手のアルコアが設立したアルコア財団が調査資金を寄付した。報告書では、企業と [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る