【フランス】2019年の2つの熱波で約1500人死亡。同国史上最高気温も更新。連帯・保健相発表

Facebook Twitter Google+

 フランスのアニエス・ビュザン連帯・保健相は9月8日、今夏同国を襲った2つの熱波により1,435人が死亡したことを明らかにした。また、南部のエロー駅では、46℃を記録し、同国としての最高気温記録を塗り替えた。  今回指摘の熱波は、6月24日から7月7日までの熱波と、7月21日から27日までの熱波の2つ。前者で567人、後者で868人が死亡した。フランスでは、2003年で20日間続いた熱波で15,000人以上が死亡するという事態が発生し [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る