【アメリカ】CVSヘルス、タバコ販売中止から1年、小売全体のタバコ販売数減少に効果

Facebook Twitter Google+

 米ドラッグストアチェーン大手のCVSヘルスは9月3日、同社が店舗におけるタバコの販売を中止してからの過去1年間で、米国の各州でタバコの販売数が減少したとするデータを公表した。また、同社は同時に若年世代の脱タバコに向けた新たなコミットメントも発表した。CVSヘルス、CVS財団、スコラスティックによる協働イニシアチブで、学校を拠点として喫煙予防プログラムを開始するというものだ。  今回CVSヘルス研究所は、CVSヘルスがタバコの販売を中 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る