private 【アメリカ】通貨監督庁、セクター・ダイベストメント禁止ルールを最終決定。民主党は撤回の意向

Facebook Twitter Google+

 米財務省通貨監督庁(OCC)は1月14日、11月に公表した金融機関のダイベストメント禁止規則「フェア・アクセス・ルール」を最終決定した。同規則は、原案が11月に発表され、1月4日までパブリックコメントを募集していた。同ルールに関しては、金融機関から猛烈な反発が相次いでいたが、トランプ政権は、1月20日に政権を民主党に譲る前に、導入を強行した。 【参考】【アメリカ】CeresとBPI、通貨監督庁提案の気候変動ダイベストメント禁止規則案 [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】CeresとBPI、通貨監督庁提案の気候変動ダイベストメント禁止規則案に撤回要求。民主党は撤回意向

Facebook Twitter Google+

 米ESG投資分野アドボカシーNGOのCeresと金融業界ロビー活動団体BPIは1月4日、米財務省通貨監督庁(OCC)が11月に発表した銀行の気候変動ダイベストメントを禁止する法規制案に対し反対する意見を提出した。同規制案に対しては、民主党が多数派を形成する連邦下院の金融サービス委員会もOCCに対し取り下げを要求する文書を提出。1月21日にバイデン民主党政権が誕生すると、同規制案は撤回される可能性が高い。  OCCが発表した規制案は、 [...]

» 続きを読む

【日本】三菱UFJ銀行、米国支店でのマネロン対策改善で米当局と合意。日本からの海外送金も6月から禁止

Facebook Twitter Google+

 三菱UFJ銀行は2月22日、米通貨監督庁(OCC)との間で、マネーロンダリングに関する改善措置等を講じることで合意したと発表した。OCCから2017年11月、同社の米国支店であるニューヨーク支店、ロスアンゼルス支店、シカゴ支店で米銀行秘密法に基づくマネーロンダリング防止に関する内部管理態勢等が不十分であると指摘されていた。  今回の合意は、同社米国支店へのOCC監査の結果を受けたもの。同社は、2017年11 にマネーロンダリング防止 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る