【インドネシア】政府、アジア初のグリーンボンド国債発行を予定 2018/01/29 最新ニュース

 インドネシア政府は、グリーンボンド国債の発行を予定している。発行されるとグリーンボンド国債の発行国として5カ国目、アジアでは初となる。イスラム国家であるインドネシアの国債は、スクーク(イスラム債)の形で発行される。

 同国債のブックランナーには、HSBC、シティグループ、CIMB、アブダビ・イスラム銀行、ドバイ・イスラム基金の5行が選ばれた。債券は米ドル建て。レギュレーションS/ルール144Aの適格債券として発行される。償還期間は5年または10年の見込み。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る