【アメリカ】DiversityInc、2018年ダイバーシティランキング「Top 50 Companies For Diversity」発表 2018/05/09 最新ニュース

 米ダイバーシティ推進DiversityIncは5月3日、米国大企業を対象としたダイバーシティ・ランキング「Top 50 Companies For Diversity」の2018年結果を発表した。トップ5は、ジョンソン・エンド・ジョンソン、マリオット・インターナショナル、AT&T、マスタカード、ADPの順。

 DiversityIncは1998年創業。2001年から同ランキングを発表し、今年で18回目。ランキング対象は、米国で1,000人以上を雇用する企業。企業が自主的に調査票に回答することで対象となる。設問は200項目以上で、性別、人種、LGBT、障害者、退役軍人や、サプライヤーマネジメント等多岐に渡る。回答企業は回答データに責任をもつため、CEO、最高人事責任者(CHRO)や担当執行役員以上の署名が要求される。参加費は無料。

 同ダイバーシティ・ランキングでは、総合ランキング50社のほか、各部門ごとの上位ランク企業も公表される。

Top 50 Companies For Diversity 上位10社

  1. ジョンソン・エンド・ジョンソン
  2. マリオット・インターナショナル
  3. AT&T
  4. マスタカード
  5. ADP
  6. イーライリリー
  7. コムキャスト・NBCユニバーサル
  8. KPMG
  9. アクセンチュア
  10. ヒルトン

 2019年ランキングの調査は2018年9月に調査票が送付される。

【ランキング】THE 2018 DIVERSITYINC TOP 50 COMPANIES FOR DIVERSITY

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る