【オーストラリア】Airbnb、一定の労働基準を満たす食品配達企業の販促サービス提供。現地連合と合意 2018/05/26 最新ニュース

 オーストラリア運輸労働組合(TWU)とAirbnbは5月22日、一定の労働基準を満たす食品配達サービス提供企業をAirbnbのウェブサイト上でプロモーションをすることに合意した。運輸業界では、低賃金や過酷労働等の問題が指摘されているが、Airbnbは高い基準を満たす企業のみを契約対象とすることで、健全な業界育成を目指す。

 両社はまた、TWU組合員のシェア・エコノミーへの参加を促すことでも合意。TWUの組合員がAirbnbの部屋提供者(ホスト)になると150豪ドルの一時金を受け取る。同時にホストが増える度に、Airbnbは運輸業界福祉NGOのTEACHOに50豪ドルを寄付する。

 今回の合意は、食品配達サービスが対象となるものの、田の運輸ビジネスにも徐々に広げていく予定。Airbnbは、同様の取組を米国では全米黒人地位向上協会(NAACP)、インドでは女性自営者協会(Self-Employed Women’s Association)と提携しており、各プログラムの好調を踏まえてオーストラリアでの合意に至った。

【参照ページ】TWU, Airbnb agreement to promote ethical labor standards

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る