【国際】国際取引所連合WFE、ESG情報開示ガイダンス改訂。TCFDやSDGs盛り込む 2018/07/02 最新ニュース

 証券取引所国際団体の国際取引所連合(WFE)は6月27日、ESG情報開示ガイダンスを改訂した。開示指標の修正を行うとともに、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)ガイドラインを盛り込んだ。  WFEに加盟している証券取引所数は現在68。NASDAQ、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)グループ、ユーロネクスト、ドイツ取引所グループ、ルクセンブルク証券取引所、日本取引所グループ、シンガポール証券取引所、香港証券取引所、上海証券取引所、上海期貨交易所、深圳証券取引所、韓国証券取引所、台湾証券取引所、台湾先物取引所、タイペイエクスチェンジ、インド国立証券取引所等が加盟している。  WFEは2015年末、各加盟証券取引所の参照となるESG情報開示ガイダンス「ESG Guidance & Metrics」を発行。すでに35証券取引所が、ESG報告ガイダンスの制定または制定を計画している。  今回の改訂では…

ここから先は登録ユーザー限定のコンテンツとなります。ログインまたはユーザー登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る