【国際】FAO、食料・農業分野のSDGs達成はすでに困難な状況。新型コロナでさらに状況悪化

Facebook Twitter Google+

 国連食糧農業機関(FAO)は9月15日、国連持続可能な開発目標(SDGs)が定める食料・農業関連の目標の達成がすでに困難な見通しに陥っている上に、新型コロナウイルス・パンデミックで達成がさらに遠のいたと発表した。  今回FAOは、SDGsの目標2「飢餓ゼロ」、目標5「ジェンダー平等」、目標6「水とトイレ」、目標12「つくる責任、つかう責任」、目標14「海洋生態系」、目標15「陸上生態系」の6つの目標についての現在の進捗状況をまとめた [...]

» 続きを読む

private 【国際】国連グローバル・コンパクト、事業にSDGsを統合する目標設定・事業改革ガイド発行

Facebook Twitter Google+

 国連グローバル・コンパクト(UNGC)は9月22日、第75回国連総会の場で、国連持続可能な開発目標(SDGs)の達成を加速せるための事業推進ガイドを発行した。ガイド作成を担うイニシアチブ推進では、アクセンチュアとSAPがサポーターに選ばれ、3Mが「パトロン・スポンサー」として活動資金を拠出している。  同ガイドは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】国連グローバル・コンパクトのCFOタスクフォース、企業財務のSDG原則発行。インパクト追求

Facebook Twitter Google+

 国連グローバル・コンパクト(UNGC)の「SDGsのためのCFOタスクフォース」は9月21日、企業財務のためのSDGs投資原則「統合SDG投資・ファイナンスに関するCFO原則」を発行した。第75回国連総会のサイドイベントで正式発表する。 【参考】【国際】UNGC、SDGsのためのCFOタスクフォース発足。16社が創設メンバー。日本からも1社(2019年12月20日)  CFOタスクフォースは (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】国連グローバル・コンパクト、国連総会で企業の最高マーケティング責任者を招いたセッション開催

Facebook Twitter Google+

 国連グローバル・コンパクト(UNGC)は9月16日、前日に開幕した第75回国連総会で、国連持続可能な開発目標(SDGs)の進捗を加速するため、企業のマーケティング責任者とのセッションを設けると発表した。マーケティングでのSDGsの理解度に対する課題を打破する狙い。  今回のセッションでは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【メキシコ】政府、初のサステナビリティボンド国債930億円発行。「SDGsボンド」と呼称

Facebook Twitter Google+

 メキシコ財務省は9月14日、同国として初となるサステナビリティボンド国債を7.5億ユーロ(約930億円)発行したと発表した。サステナブルボンド型の国債は、中南米ではすでにチリ政府がグリーンボンド国債を発行しており、メキシコ政府は1月にサステナビリティボンド発行の計画を表明していた。  今回発行の債券は (さらに…)

» 続きを読む

【国際】国連総会、2021年のHLPFではSDGsのうち9目標に焦点。新型コロナ復興に注力

Facebook Twitter Google+

 国連総会は8月3日、2021年の持続可能な開発目標に関するハイレベル政治フォーラム(HLPF)の重要テーマを定める決議を採択した。国際持続可能な開発目標(SDGs)の17の目標のうち、9つの目標に重点を置くことを決めた。  同決議は、「沈黙手続き」の手法で可決された。沈黙手続きは、異議がある場合にのみ発議し、発議がなければ採択されるというもの。事前には各国の国連代表部による意見表明も行った後、ジョージアとベニンの国連代表部が一部表現 [...]

» 続きを読む

private 【国際】PRI、インフラ投資でのSDGs考慮でディスカッション・ペーパー発行。手法解説と課題整理

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)は7月27日、インフラ投資において国連持続可能な開発目標(SDGs)を考慮する手法や課題を分析したディスカッション・ペーパーを発表した。SDGsの達成に向けては、巨額のインフラ投資が必要と言われる中、投資額は大幅に不足している状況にある。その中で、「持続可能なインフラ開発」に関する関心が高まっている。  PRIは、6月に「SDGsを考慮した投資行動フレームワーク」を発表しており、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】ストックホルム環境研究所、SDGsの相互連関可視化ツール「SDG Synergies」発表

Facebook Twitter Google+

 スウェーデンのストックホルム環境研究所(SEI)は6月30日、国連持続可能な開発目標(SDGs)の達成を戦略的かつ効率的に実現するために、目標の相互の連関を可視化したウェブツール「SDG Synergies」を発表した。  SEIは2019年5月、「SDG Synergies」の手法を発表し、これまでにコロンビアやモンゴルの政府が活用。他にも、資源採掘産業、エネルギー産業、大学教育、EUの環境目標設定、SDGs進捗レポート等にも活用 [...]

» 続きを読む

private 【国際】PRI、SDGsを考慮した投資行動フレームワーク発表。システミック・インパクトに着目

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)は6月15日、署名機関向けに、国連持続可能な開発目標(SDGs)に則した投資行動を行うための意思決定フレームワークを提示した。PRIは、投資行動次第で、投資行動の影響はポジティブにもネガティブにもなりうると指摘。投資意思決定において、投資先の個別銘柄にとってマテリアルなESG課題だけでなく、システミックレベルでの社会・環境課題も考慮することを促した。  今回PRIが提示したフレームワークは、 (さらに&he [...]

» 続きを読む

private 【イギリス】150社以上、ジョンソン首相にSDGリカバリー要請。新型コロナの経済復興で

Facebook Twitter Google+

 英企業150社以上の経営陣は6月9日、ボリス・ジョンソン首相に対し、新型コロナウイルス・パンデミックからの経済復興政策に、国連持続可能な開発目標(SDGs)の観点を重視するよう要請する共同声明を発表した。グリーンリカバリーと公正の双方を求めた形。ツイッターでは「SDGリカバリー」との用語も自然に生まれている。  今回の共同声明に参加したのは、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る