private 【国際】官民金融機関団体、SDGs達成の資金ギャップが100兆米ドルに増大と警鐘。ファイナンス拡大必要

Facebook Twitter Google+

 官民金融機関団体Force for Goodは9月17日、国連持続可能な開発目標を達成するための資金ギャップが総額最大で100兆米ドル(約1.1京円)に拡大したとの試算結果を発表した。新型コロナウイルス・パンデミック等の喫緊の課題により資金ギャップが広がる形となった。  Force for Goodは、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】ベルテルスマン財団とSDSN、「SDG Index & Dashboards 2021」発表。日本18位

Facebook Twitter Google+

 独最大財団のベルテルスマン財団と持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)は7月14日、各国の国連持続可能な開発目標(SDGs)達成状況を分析したレポート「SDG Index and Dashboards Report」の2021年版を発行した。同レポートは2016年から発行しており今年で6回目。193カ国について分析した。 SDG Index 2020 フィンランド(85.90) スウェーデン(85.61) デンマーク [...]

» 続きを読む

【国際】国連グローバル・コンパクト、2021 SDG Pioneers受賞者10人発表。日本人はゼロ

Facebook Twitter Google+

 国連グローバル・コンパクト(UNGC)は6月16日、企業分野で国連持続可能な開発目標(SDGs)をリードした個人を表彰する賞「2021 SDG Pioneers」の受賞者10人を発表した。同賞は毎年選出されている。 今年の受賞者 Darian McBain:タイ・ユニオン・グループ(タイ) Sumant Sinha:リニュー・パワー(インド) Robert Okine:Bewsys(ガーナ) Leonie Vaas:Hayleys [...]

» 続きを読む

【国際】国連機関、SDGs目標7の電力アクセスで進捗報告書。目標未達ペースに警鐘。再エネ拡大カギ

Facebook Twitter Google+

 国際エネルギー機関(IEA)、国際再生可能エネルギー機関(IRENA)、国連経済社会局(UN DESA)、世界銀行、世界保健機関(WHO)の5機関は6月7日、国連持続可能な開発目標(SDGs)の目標7「クリーンエネルギーアクセス100%」の進捗状況を伝えた2021年版報告書を発行した。エネルギーアクセスが最も深刻な国では、今のペースでは2030年までに100%の電力アクセスは実現できないとの見通しを示した。  同報告書によると、電力 [...]

» 続きを読む

private 【国際】UNEP、SDGsの環境92指標の進捗分析。多くが未達成ペース。データ不足も課題

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画(UNEP)は5月22日、国連持続可能な開発目標(SDGs)のうち環境関連の92指標の進捗状況を分析したレポートを発表した。UNEPは同様のレポートの第1弾を2019年に発行しており、今回が2回目。世界全体では、92指標のうち、十分なデータがあり状況分析可能なのは42%に留まっているが、2019年からは10ポイント増加した。  同レポートによると、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アフリカ】世界経済フォーラム、地球観測衛星活用で経済効果23億米ドル。SDGsゴールで幅広く

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラム(WEF)は1月15日、アフリカでの地球観測衛星活用の経済、環境、雇用への影響を分析したレポートを発表した。新型コロナウイルス・パンデミックの影響で、アフリカの経済が大きな打撃を受けている中、アフリカでの地球観測衛星データの市場規模は年間23億米ドル(約2,400億円)分も拡大できるポテンシャルがあると発表した。  同レポートは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】UNECE、貧困定量測定のためのデータ細分化で統計ガイダンス発行。SDGs達成に向け

Facebook Twitter Google+

 国連欧州経済委員会(UNECE)は1月13日、国連持続可能な開発目標(SDGs)のゴール1「貧困ゼロ」の実現する重要ステップとして、各国政府向けに、データ細分化(Data Disaggregation)のための統計ガイダンスを発表した。貧困の状況を測定可能な状態にしていくことで、現状を把握し、改善に向けた進捗を進められると伝えた。  同ガイダンスは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】GRI、GRIスタンダードとSDGsターゲットの紐付けガイダンスを改訂。投資家観点も

Facebook Twitter Google+

 国際サステナビリティ報告基準策定機関GRIは1月21日、GRIスタンダードを基にし、国連持続可能な開発目標(SDGs)の各ターゲット毎で情報開示すべき項目をまとめたガイダンスを改訂したと発表した。最新のGRIスタンダードの体系に合わせた他、投資家からのフィードバック内容も組み入れた。  同ガイダンスは、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】世界銀行、SDGsアトラス2020年版発表。豊富なデータとグラフで進捗状況を可視化

Facebook Twitter Google+

 世界銀行は11月16日、国連持続可能な開発目標(SDGs)の達成状況を示したツール「SDGsアトラス」の2020年版を発表した。今年のアトラスは、ウェブ版で開発され、データ視覚化を通じて進捗状況を分かりやすく説明している。  同ツールは、世界銀行の世界開発指標(WDI)に収録されたデータの他、世界各地の科学者や研究者による最新のデータも分析対象としている。ツールでは、SDGsの17のゴール毎に基本的な観点を解説するとともに、各ゴール [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】ペプシコ、2020年グリーンボンド報告。再生PET調達、EV切替、再エネ、水削減等

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手米ペプシコは10月13日、同社発行のグリーンボンドに関する2020年の発行後年次報告書を発行。2019年10月に発行した10億米ドル(約1,050億円)のグリーンボンドの資金使途や充当状況に関して報告した。  同社は、食品・飲料大手で世界で最初にグリーンボンドを発行した企業の一つ。同グリーンボンドの資金使途は、発行時の開示内容同様、国連持続可能な開発目標(SDGs)の実現に向けた容器・包装や脱炭素化、水等への投資だとした [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る