【アメリカ】エクソンモービル、ロビー活動団体ALECから脱退。気候変動対応への消極姿勢を嫌気 2018/07/19 最新ニュース

 エネルギー世界大手米エクソンモービルは7月12日、米国立法交流評議会(ALEC)からの脱退を発表した。ALECは、州法案策定時に州議会議員と企業が協議する保守派のロビーグループ。近年、気候変動や不法行為法改革、銃規制などに対する後ろ向きな見解に批判が集まっていた。

 BP、ロイヤル・ダッチ・シェル、フォード、エクスペディア等の企業もすでにALECから脱退しており、エクソンモービルはこれに続くものとなる。エクソンモービルは、毎年ALEC加盟の当否を検討しており、今年ついに脱退となった。エクソンモービルは2017年、米環境保護庁(EPA)の二酸化炭素排出規制に対する見解を巡ってALECと対立していた。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る