【国際】気温上昇による労働生産性低下と空調電力需要増が輸出低下を引き起こす。Verisk Maplecroft分析 2018/08/09 最新ニュース

 英リスク分析大手Verisk Maplecroftは8月2日、今後予想される気温上昇による労働生産性の下落等を予測。2045年までに西アフリカで10.8%、中央アフリカで7.9%、中東・北アフリカで6.1%、東南アジアで5.2%、南アジアで4.5%、南米で3.9%程度、輸出額が減退するリスクがあると算出した。

 同社は今回、気温上昇により、労働者の生産性が落ち込むとともに、都市化と空調需要の急増に伴う電力需給の逼迫が、輸出額を減退させると推定。適切な気候変動適応を行わない場合、経済リスクが大きいと警鐘を鳴らした。とりわけ、快適な職場環境を整えようと空調に頼る結果、エネルギー安定性が低い地域では事業リスクにつながる。

 反対に最もリスクが小さい国は、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、デンマーク、英国、アイルランド。欧州のリスクが0.1%に対し、日本を含む東アジアは1.6%。

【参照ページ】Emerging economies will slow down as temperatures rise – Africa, SE Asia exports tipped to feel the heat

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る