【インドネシア】ジャカルタ州政府、使い捨てビニール袋禁止方針を表明。数ヶ月以内の施行目指す 2019/02/27 最新ニュース

 インドネシア・ジャカルタ特別自治州政府は2月22日、使い捨てビニール袋の使用を禁止する条例を制定する考えを表明した。州知事が署名すれば、数ヶ月以内に施行される。

 同州環境局は1月、同様の内容の条例案を州知事に提出したが、州知事は代替品に関する規定を盛り込む等の修正を指示。2月下旬にも同環境局が再度州知事に条例案を提出する。

 インドネシアでは2月21日、スマトラ島南端ランプン州で海岸の活動が展開。この地域は、海洋プラスチックごみが蓄積し巨大なごみの山となっている。合計200人の学生、軍人、地域住民がごみ収集したところ、わずか3時間余りで30tのごみを回収できた。インドネシアでは、海洋ごみ問題が地域社会に深刻な影響を与えはじめてきている。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る