【アメリカ】ペプシコ、使い捨てペットボトルなしの飲料提供を一部開始。消費者の健康にも配慮 2019/04/29 最新ニュース

 飲料世界大手米ペプシコは4月24日、使い捨てペットボトルを使用せずに人気の飲料を提供する新たな仕組みを発表した。炭酸製造ディスペンサーを設置し、再利用可能なボトルに飲料を注ぐことができる。同社は、使い捨てペットボトルを使用しない仕組みを目指す「Beyond the Bottle」を展開しており、今回の施策もその一環。

 今回発表の技術は、イスラエルの自家製炭酸水製造機SodaStream(ソーダストリーム)を、ペプシコが2018年8月に32億米ドル(約3,600億円)で買収したことに端を発する。今回の仕組みでは、まずソーダストリームの技術を用いた飲料製造ディスペンサー、管理アプリ、読取QRコードの3つで構成されている。管理アプリとQRコードは、健康管理目的でユーザーが飲んだ飲料の量や、再利用可能なボトルを用いたによる環境インパクトを測定し、ユーザーに通知すするためのもの。

 提供する飲料は、カロリーゼロや低糖商品を中心とし、ユーザーの健康にも配慮する。また、温度や炭酸量等の微調整がアプリからも可能で、設定をお気に入り登録することも可能。まず今年は、オフィス、大学、病院等を選定し設置。将来的には設置場所を拡大していく。
 
【参照ページ】PepsiCo Goes Beyond the Bottle with New, Mobile-Enabled Hydration Platform

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る