【メキシコ】メキシコシティ市、ビニール袋やプラスチック製食器の提供・販売を全面禁止 2019/05/12 最新ニュース

【メキシコ】メキシコシティ市、ビニール袋やプラスチック製食器の提供・販売を全面禁止 1

 メキシコ首都のメキシコシティ市議会は5月9日、市内でのビニール袋、プラスチック製食器(ストロー含む)等の使い捨てプラスチック製品を消費者に提供または販売することを禁止する条例を、賛成51、反対0、棄権1で可決。同法が成立した。使い捨てビニール袋の禁止は2020年12月から、その他の使い捨てプラスチック製品の禁止は2021年1月から施行される。堆肥化可能なプラスチックは引き続き提供・販売できる。ペットボトルも対象外。

 メキシコシティーは人口900万人。郊外まで含めると1,100万人の規模。食事のテイクアウト文化でも知られ、プラスチック製食器の禁止は大きなインパクトがある。禁止される製品には、使い捨てプラスチックを用いた風船、風船の柄、生理用品の捲綿子も含まれる。同市は、禁止を法制化することで、生分解可能な素材の開発・使用を促す。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る