【アメリカ】ブルームバーグ氏、2030年までに石炭火力全廃・ガス火力新設禁止の運動開始。550億円拠出 2019/06/11 最新ニュース

 マイケル・ブルームバーグは6月7日、米国で2030年までの石炭火力発電全廃及びガス火力発電の新設禁止を要求するキャンペーン「Beyond Carbon」を開始すると発表した。活動資金として、同氏の財団であるブルームバーグ・フィランソロピーズが5億米ドル(約550億円)を拠出する。  ブルームバーグ・フィランソロピーズは、国際環境NGOシエラクラブが2011年から展開している米国の石炭火力発電を3分の1以上稼働停止させるキャンペーン「Beyond Coal」に参加。米国で建設計画のあった石炭火力発電530基のうち、すでに半数以上の289基で計画が白紙となっている。今回のBeyond Carbonでは、…

ここから先は登録ユーザー限定のコンテンツとなります。ログインまたはユーザー登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る