【コンゴ民主共和国】WHO、エボラ出血熱に新薬2種類が有効と判断。対策に大きな突破口か 2019/08/18 最新ニュース

 世界保健機関(WHO)は、8月13日までに、コンゴ民主共和国で流行しているエボラ出血について、治療薬2種類が有効との判断を下した。有効性が認められたのは、米医薬品リジェネロンの「REGN-EB3」と、米国立衛生研究所(NIH)の「mAb114」。

 エボラ出血熱については、今後の国立生物医学研究所(INRB)と米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)が共同で資金拠出し、2018年11月から新薬4種類の臨床試験が行われており、すでに725人の対象予定者に対し、681人に4種類のいずれかの薬を投与。REGN-EB3とmAb114の2種類が、他の2種類に比べ疾患者の生存率を上げる効果がみられた。投与した場合の効果は、双方とも早期投薬により90%以上の生存率を誇ったという。

 効果安全性評価委員会(DSMB)は今後、疾患者にいずれかを投与するよう勧告。また今後2種類のうちどちらの効果が高いかについても、今後研究を進めるという。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る