【国際】WHO、新型コロナワクチンの国際分配スキームに172ヶ国が参加意向。9ワクチンが参画

Facebook Twitter Google+

 世界保健機関(WHO)は8月24日、新型コロナウイルス感染症ワクチンの国際的な調達・分配枠組み「COVAX」に80ヶ国が参加への関心を示したことを表明した。またCOVAXに参加する製薬会社のワクチンもすでに9種が参加し、現在追加で9種が審査中であることも明らかにした。 【参考】【国際】WHO、先進国に新型コロナワクチン供給枠組み「COVAX」への参加要請。指定薬物確保でも協力を(2020年8月20日)  現在、ワクチンの確保について [...]

» 続きを読む

private 【国際】WHO、アフリカ大陸でのポリオ根絶を宣言。ワクチン接種が奏功。残るはアフガンとパキスタン

Facebook Twitter Google+

 世界保健機関(WHO)は8月25日、アフリカ大陸でのポリオ根絶を宣言した。アフリカの最後のポリオ発症は2016年のナイジェリア。それ以降、4年間ポリオは発症せず、今回の根絶宣言に至った。アフリカ大陸での感染症根絶は、1980年の天然痘に続き、2つ目となった。  アフリカでは、各国首脳が1996年にアフリカ連合の会合の場でポリオ根絶を目指すと表明。当時はポリオ患者が約75,000人いたが、そこから24年間を経て、ついに根絶にまで漕ぎ着 [...]

» 続きを読む

【国際】WHO、先進国に新型コロナワクチン供給枠組み「Covax」への参加要請。指定薬物確保でも協力を

Facebook Twitter Google+

 世界保健機関(WHO)、国連薬物犯罪事務所(UNODC)、国際麻薬統制委員会(INCB)の3者は8月14日、鎮静剤や鎮痛剤等の指定薬物のサプライチェーン確保を各国政府に求める共同声明を発表した。新型コロナウイルス・パンデミックにより、確保が難しくなるケースが出てくるという。  鎮静剤や鎮痛剤の指定薬物は、緩和ケア、外科的ケア、麻酔、精神疾患、薬物使用障害の治療薬として一般的に使われている。同声明によると、鎮静剤や鎮痛剤は、パンデミッ [...]

» 続きを読む

private 【国際】WHO、2021年前半まで新型コロナ・ワクチン接種は困難と発表。フェーズ3臨床試験は2種

Facebook Twitter Google+

 世界保健機関(WHO)のマイケル・ライアン健康緊急プログラム・エグゼクティブ・ディレクターは7月23日、新型コロナウイルス・パンデミックのワクチン開発について、順調に進捗しているものの、使用開始は2021年前半以降になるとの見方を示した。  目下、WHOのプログラムにより、世界中のワクチン開発の状況は、WHOが情報を集約している状況にある。今回、ライアン氏は、ワクチン候補がフェーズ3の臨床試験を実施しており、まだ失敗事例は出ていない [...]

» 続きを読む

private 【国際】J&J、途上国での結核治療薬ベダキリン・アクセスを拡大。新型コロナが結核治療に悪影響

Facebook Twitter Google+

 医薬品世界大手米ジョンソン・エンド・ジョンソンと、国連プロジェクトサービス機関(UNOPS)が事務局を務める国際結核治療支援イニシアチブ「Stop TB Partnership」は7月6日、世界保健機関(WHO)の支援を受け、多剤耐性結核(MDR-TB)及びリファンピン耐性結核(RR-TB)の治療薬ベダキリン(商品名サチュロ)を低・中所得国に展開していくと発表した。  ジョンソン・エンド・ジョンソンは、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】WHO、ヒドロキシクロロキンとロピナビル・リトナビルで連帯臨床試験を終了。治療効果なし

Facebook Twitter Google+

 世界保健機関(WHO)は7月4日、新型コロナウイルス感染症の治療薬に関する連帯臨床試験プログラムを監督する国際ステアリング・コミッティーの勧告を受け入れ、ヒドロキシクロロキンとロピナビル・リトナビルでの同プログラムの実施を終了すると発表した。連帯臨床試験で入院患者に対する治療効果が確認できなかった。  ヒドロキシクロロキンは、抗マラリア薬として活用されており、仏サノフィが商品名「プラニケル」で販売している。一方、ロピナビル・リトナビ [...]

» 続きを読む

【国際】WHO、ヒドロキシクロロキンの新型コロナ治療臨床試験中止。米政府も緊急使用許可撤回

Facebook Twitter Google+

 世界保健機関(WHO)は6月17日、新型コロナウイルス感染症の治療薬として期待されていた抗マラリア薬ヒドロキシクロロキン(HCQ)について、「連帯トライアル」プログラムでの臨床試験を中止したと発表した。致死率を下げる有効性が確認されないと判断した。  ヒドロキシクロロキンについては、WHOの「連帯トライアル」プログラムにより、フランス等世界各国で臨床試験が実施されていたが、有効性が確認できなかった。また英国での臨床試験でも同様に確認 [...]

» 続きを読む

【国際】WMOとWHO、新型コロナと猛暑の複合災害への早期準備を呼びかけ。チェックリスト用意

Facebook Twitter Google+

 世界気象機関(WMO)、世界保健機関(WHO)、米海洋大気庁が合同運営するGlobal Heat Health Information Network(GHHIN)は5月26日、新型コロナウイルス・パンデミックの中で、北半球は今年の夏も記録的な暑さが予想されるとし、例年とは違う形で対応策の準備を早急に始めるよう広く関係者に要請した。  今回の発表では、例年の猛暑対策では、エアコンのある公共空間での生活や、支援が必要な世帯への家庭訪問 [...]

» 続きを読む

【国際】WHO、ヒドロキシクロロキンの臨床試験プログラムを再開。マスク着用では「推奨」に改定

Facebook Twitter Google+

 世界保健機関(WHO)は6月3日、新型コロナウイルス感染症の治療薬として期待されていた抗マラリア薬ヒドロキシクロロキン(HCQ)について、「連帯トライアル」プログラムでの臨床試験一時停止を解除し、再開すると発表した。WHOは5月22日、医学誌ランセットで発表された論文を基に、安全性の確認を行うため、臨床試験を一時停止していた。 【参考】【国際】WHO、医学誌論文を受けヒドロキシクロロキンの「連帯トライアル」臨床試験一時停止(2020 [...]

» 続きを読む

【国際】WHO、医学誌論文を受けヒドロキシクロロキンの「連帯トライアル」臨床試験一時停止

Facebook Twitter Google+

 世界保健機関(WHO)は5月25日、新型コロナウイルス感染症の治療薬として期待されていた抗マラリア薬ヒドロキシクロロキン(HCQ)について、「連帯トライアル」プログラムでの臨床試験を一時停止すると発表した。医学誌ランセットが5月22日、ヒドロキシクロロキンとクロロキンの2種について、10万人の臨床試験結果から単独で用いた場合とマクロライドと併用した場合に致死率が高く、不整脈を誘発すると発表したため。  今回の決定は、「連帯トライアル [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る