【アメリカ】TPGキャピタル、インパクト投資ファンドの募集を2600億円に減額。依然過去最大級 2019/08/26 最新ニュース

 米プライベートエクイティTPGキャピタルは、インパクト投資部門「TPG Rise」が募集していたインパクト投資ファンド「Rise Fund」の目標額を30億米ドル(約3,200億円)から25億米ドル(約2,600億円)に下方修正した。

同インパクトファンドは、マネージング・パートナーだったビル・マクグラシャンが2019年初めに、大学への裏口入学に関与していたキャンダルが判明し辞職。3月には、スキャンダルの責任をとり、ファンド募集を一時停止し、既存の出資者に対しても資金引揚げを容認すると発表していた。その後6月にファンド募集を再開したが、今回募集額を下方修正することとなった。

 TPGキャピタルはが2017年に募集したインパクト投資ファンドは、20億米ドルを集め過去最大級の規模を誇る。今回も、減額したとはいえ、それを上回るインパクト投資ファンドが誕生することになる。TPGキャピタルは、アフリカ等の低開発国の企業にも積極的に投資している。

【ファンド】Rise Fund

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る