【フランス】BNPパリバAM、運用全ファンドでESG基準導入を完了。運用100%ESG投資に 2019/09/05 最新ニュース

 金融世界大手仏BNPパリバの運用子会社BNPパリバ・アセット・マネジメントは9月3日、運用する全てのファンドで、ESG基準の導入を完了したと発表した。これにより同社の運用資金は、全てESG投資に基づき実施されていることになる。

 同社は、グループ全体のサステナビリティ戦略の一環として、全ての投資意思決定プロセスにおいてESG基準の導入を開始。投資意思決定プロセスとは、具体的には、調査、着想、ポートフォリオ構築、リスクマネジメント、エンゲージメント、議決権行使、インパクト測定・報告等を指す。

 同社のESG基準導入は、アセットや投資戦略の種類に応じて個別に設定されているが、同社のESGバリデーション委員会によって監督、承認を受けている。

【参照ページ】BNP PARIBAS ASSET MANAGEMENT TRANSFORMS ITS FLAGSHIP RANGE OF ACTIVE FUNDS THAT BECOMES 100% SUSTAINABLE

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る