【タイ】政府委員会、グリホサート、パラコート、クロルピリホスの除草剤使用を12月1日から禁止見込み 2019/10/28 最新ニュース

【タイ】政府委員会、グリホサート、パラコート、クロルピリホスの除草剤使用を12月1日から禁止見込み 1

 タイ政府の国家有害物質委員会は10月22日、除草剤として使用されているグリホサート、パラコート、クロルピリホスの使用を禁止する決議を採択した。これにより、タイでは3種類の農薬使用が12月1日から禁止される見込み。

 タイでは、農業が経済全体の40%を占め、コメや砂糖の輸出規模は世界有数。グリホサートは、バイエル子会社となったモンサントの除草剤「ラウンドアップ」が有名。米国では、ラウンドアップの人体有害性のため13,000以上の訴訟が発生しており、ベトナム政府もすでに使用を禁止している。パラコートもすでに欧米で有害性を政府が認めている。クロルピリホスも子供の発育を阻害するおそれがあるという。

 今回の決定の前に、農業団体や化学メーカーは、禁止を阻止する動きを展開していたが、タイ政府は最終的に禁止を決めた。但し、除草剤禁止により食糧生産性が低下することを懸念する声もあり、生産性向上が喫緊の課題となる。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る