【アメリカ】ニューヨーク市、2022年から強制給餌のフォアグラ販売・提供を禁止。動物福祉の観点 2019/11/03 最新ニュース

【アメリカ】ニューヨーク市、2022年から強制給餌のフォアグラ販売・提供を禁止。動物福祉の観点 1

 ニューヨーク市議会は10月30日、強制給餌で飼育したフォアグラの販売と提供を禁止する条例を可決した。2022年から施行される。フォアグラは、カモやガチョウに餌を多く与え肝臓を肥大化させて得る。近年では、のどからチューブを入れて餌を注入する「強制給餌」という手法で行われることも多く、動物福祉の観点から批判が出ていた。

 ニューヨーク市には、フォアグラを提供するレストランが約1,000軒あると言われる。今回の市条例では、違反者には違反1件につき、500米ドルから2,000米ドルの罰金が科される。

 米国では、フォアグラを禁止する自治体が他にもある。カリフォルニア州では2012年に施行され、罰金はニューヨーク州と同じく最大2,000米ドル。シカゴ市でも2006年に禁止されたが、2008年に撤回された。カリフォルニア州では、禁止は連邦法違反とし訴訟となったが、地裁では禁止は違法、控訴審では合法となった。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る