【アメリカ】マサチューセッツ州、フレーバー付きたばこ販売を特定店舗以外で禁止。紙タバコ、噛みタバコも 2019/12/01 最新ニュース

【アメリカ】マサチューセッツ州、フレーバー付きたばこ販売を特定店舗以外で禁止。紙タバコ、噛みタバコも 1

 米マサチューセッツ州のチャーリー・ベーカー知事は11月27日、フレーバー付きたばこを大幅に規制する州法案に署名。同法が成立した。2020年6月1日から施行される。

 同州法は、フレーバー付き電子たばこだけでなく、フレーバー付きたばこ、フレーバー付き噛みタバコも対象。若者に人気のメントール味も規制対象とし、若年者の喫煙を大幅に抑止する狙いがある。施行されると、規制対象製品の販売が、ライセンスを得た「喫煙バー」で店内で喫煙する場合にのみ許可され、それ以外の販売は禁止される。

 また、電子たばこには、75%のたばこ州税を課すことも決まった。電子たばこ価格を非常に高くすることで、若年者に経済的に電子たばこを遠ざける狙い。

 同州知事は9月、電子たばこが原因と思われる健康悪化報告がなされたことで、4ヶ月の電子たばこ販売を一時的に全面禁止する緊急事態を宣言。今回の州法制定により、緊急事態宣言は12月11日に解除される。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る