【日本】ヤフー、民間取引先との契約手続を100%電子サイン化達成。コスト削減も実現 2021/06/26 最新ニュース

【日本】ヤフー、民間取引先との契約手続を100%電子サイン化達成。コスト削減も実現 1

 Zホールディングス子会社のヤフーは6月24日、2021年3月までの目標として掲げていた「民間取引先との契約手続きを100%電子サイン化する」を達成したと発表した。契約相手からの協力を得て、全ての捺印フローを電子化することに成功した。

 同社は、電子サイン化の取り組みをデジタルトランスフォーメーション(DX)の一環として、新型コロナウイルス・パンデミック前の2019年9月に開始。押印手続の電子化で、社内作業の効率化と費用の削減、取引先と契約時間の短縮化を目的としていた。パンデミック後の5月には、2021年3月までに達成することを宣言し、リモートワークを推進した。

 同社は今回、電子サイン化のメリットとして、契約期間の短縮とコストの削減の2つを強調。コスト面では、契約1件当たり約4,200円かかったいたのが、1件当たり1,200円にまで削減できたとアピールした。

 同社では、2020年10月に「オンライン前提の新しい働き方」に移行。それにより、約95%の従業員がリモートワークに移行している。

【参照ページ】ヤフー、民間取引先との契約手続きにおいて「100%電子サイン化」を宣言どおりに達成

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る