【スペイン】CCEP、セルフサービス型ドリンクサーバーITSと協働。レストランやレジャー施設へ実証導入 2021/07/30 最新ニュース

【スペイン】CCEP、セルフサービス型ドリンクサーバーITSと協働。レストランやレジャー施設へ実証導入 1

 欧州・アジア飲料大手コカ・コーラ・ユーロパシフィック・パートナーズ(CCEP、旧コカ・コーラ・ヨーロピアン・パートナーズ)は7月26日、米ドリンクサーバー製造Innovative Tap Solutions(ITS)と協働し、再充填型の飲料販売の実証試験をスペインで開始すると発表した。

 ITS開発のドリンクサーバーは、消費者がセルフサービスで注文し、消費量分を課金するモデル。消費者の再充填時に新たな容器を必要としないため、容器消費量の削減につながる。CCEPは2020年、包装・容器削減戦略のもと、同社コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)のCCEPベンチャーズを通じ、ITSへ出資も行っている。出資比率は25%。

 今回両社は、スペインのレストランチェーン運営Restaliaおよびレジャー施設運営Aspro Parksと協働。スペイン・マドリードにあるRestaliaのレストラン「100 Montaditos」、同国グラン・カナリア島にあるAspro Parksのパルミートス公園、アクアランド・マスパロマスにドリンクサーバーを実証導入する。無人店舗のため、新型コロナウイルス・パンデミック下での感染リスクも防止できる。

【参照ページ】Coca-Cola Europacific Partners trials packaging-free drinks technology in Spain

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る