private 【スウェーデン】ボルボ・カーズ、CASE戦略で将来ロードマップ披露。大手企業との連携加速

Facebook Twitter Google+

 スウェーデン自動車大手ボルボ・カーズは6月30日、2030年までに電気自動車専業のプレミアム・カー・カンパニーへと転換し、世界的リーダーとなるためのテクノロジー・ロードマップを発表した。さらに7月12日、高級EV子会社ポールスターに追加出資し、株式の49.5%を保有する状態になったことも発表。ポールスターに関しては、希薄化対策も実行し、株式の50%を保有する状態に移行。同社の支配権と戦略的価値を高める策に出た。ボルボ・カーズは、20 [...]

» 続きを読む

【国際】フォード、世界全体の新車販売の4割が2030年までにEVに。新事業戦略発表

Facebook Twitter Google+

 自動車世界大手米フォードは5月26日、新たな事業戦略「FORD+」を発表。2030年には世界全体での新車販売台数のうち40%が電気自動車(EV)となる見通しを示した。同社はこれまで欧州市場で2030年までに全てEVとする目標を示していたが、世界全体でも大幅にEV化を進める戦略を示した。 【参考】【国際】フォード、2035年CO2削減中間目標でSBTi承認取得。2030年までにEVのみ販売へ(2021年4月6日)  今回同社のジム・ハ [...]

» 続きを読む

private 【国際】フォードとSKイノベーション、EVバッテリー開発・生産で合弁。ステランティスとフォックスコンも

Facebook Twitter Google+

 自動車世界大手米フォードと韓国化学SK大手イノベーションは5月20日、EVバッテリーモジュールの開発・生産合弁会社「BlueOvalSK」を設立することで合意したと発表した。2020年代中頃に生産を開始し、将来的には生産規模を拡大する考え。  フォードの計画では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【日本】トヨタ、ダイハツ、スズキ、SUBARU、マツダ、コネクテッドカーの車載仕様を統一

Facebook Twitter Google+

 トヨタ自動車、ダイハツ工業、スズキ、SUBARU、マツダの5社は4月27日、コネクテッド関連を実現するための次世代の車載通信機の仕様を統一すると発表した。ダイハツ工業、スズキ、SUBARU、マツダの4社はトヨタ自動車からの出資を受けており、車載通信機の共同開発によるコスト削減で合意した形。  開発する車載通信機は、トヨタ自動車が開発した車載通信機技術をベースとし、他の4社が保有する技術を盛り込み、次世代のコネクティッドカー向けのシス [...]

» 続きを読む

private 【国際】フォルクスワーゲン、「トリニティ」プロジェクトで事業大転換。2030年までに欧州EV販売比率70%以上

Facebook Twitter Google+

 自動車世界大手独フォルクスワーゲンは3月5日、モビリティのデジタル化中心に据えた経営戦略「ACCELERATE」を発表した。Eモビリティへの転換を一気に進め、社運を賭けたプロジェクト「トリニティ」を成功させ、業界に「ディスラプション(破壊的イノベーション)」を起こすと表明。その一環として、新車販売に占める電気自動車(EV)を2030年までに欧州では70%以上に、米国と中国でも50%以上に引き上げるとの目標も宣言した。  今回の発表で [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る