【アメリカ】Uberが飲酒運転による死亡率を削減。テンプル大学調査

Facebook Twitter Google+

 個人同士が部屋の貸し借りを行うAirbnb(エアービーアンドビー)と並んでシェアリング・エコノミーの代表格となるサービスとして有名な配車アプリのUber(ウーバー)が、自家用車のシェアライドによるCO2の削減だけではなく、意外な社会的効用をもたらしているようだ。  米国テンプル大学フォックスビジネススクールのBrad N. Greenwood准教授とSunil Wattalj准教授は、昨年Social Science Researc [...]

» 続きを読む

【国際】サーキュラー・エコノミーの経済効果は2030年までに4.5兆米ドル。アクセンチュア調査

Facebook Twitter Google+

 戦略コンサルティング大手のアクセンチュアが行った最新調査によると、サーキュラー・エコノミー(循環型経済)による経済効果は2030年までに4.5兆米ドルに上ることが明らかになった。  アクセンチュア・ストラテジーがグローバル企業120社、50名の経営幹部を対象とする調査に基づき、サーキュラー・エコノミーが創り出す世界的なビジネスチャンスを明らかにした新著書「Waste to Wealth」によると、現在の大量生産・大量消費型のビジネス [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ソーラーパネルのAirbnb?太陽光発電のシェアサービスが登場

Facebook Twitter Google+

 今、世界では個人間が自身の資産などをシェアするCtoC(個人間取引)ビジネスが急速に普及している。自宅の空き部屋を貸し出すことができるAirbnbや、配車アプリのUberなどがその代表例だ。こうした新しい事業形態は「シェアリング・エコノミー」と呼ばれ、資源やエネルギーの無駄削減につながることから新たなサステナブル・ビジネスの一つとして注目を集めている。  このシェアビジネスに、新たな分野が誕生しようとしている。それは、太陽光発電のC [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る