【英国】政府、新労働規制法案を公表。雇用主のリファレンス提供義務化や元従業員の当局通報権確保等

Facebook Twitter Google+

 英政府は10月29日、下院の「女性と平等特別委員会(WESC)」が実施した秘密保持契約(NDA)条項に関する質問への政府回答の一環として、雇用者が元従業員のリファレンスを提供することを初めて義務化する法案を発表した。従来、雇用主が元従業員に対しリファレンス(転職時等に応募先企業から前職での働きぶり等を以前の雇用主に確認する書面)を提出する義務はなく、これが転職の妨げになっていた。  WESCが7月に実施した勧告では、企業がNDAを不 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】下院、ドッド=フランク法緩和法案を可決。規制対象の金融機関数が大幅減

Facebook Twitter Google+

 米連邦下院は5月22日、2008年のリーマン・ショック後に導入された2010年ドッド・フランク法の緩和法案を賛成258、反対159で可決した。米上院はすでに3月14日に賛成67、反対31で可決している。同法案はトランプ大統領に送られ、数週間以内に署名される見通し。  今回の法改正では、規制当局の監督対象となる金融機関の資産基準が、現行の500億米ドルから2,500億米ドルに引き上げられる。これにより、BB&T、サントラスト銀行、フィ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】下院委員会、環境保護庁(EPA)長官に水質浄化法の規制緩和を要請

Facebook Twitter Google+

 米下院科学宇宙技術委員会は2月22日、米環境保護庁(EPA)のスコット・プルイット新長官に対し、同庁が所管する水質浄化法(Clean Water Act)404条(c)に基づく2014年の規制を無効化し、同規制の下で事実上禁止されているアラスカ州の「ペブル・プロジェクト」の許可を検討するよう求める書簡を送付した。ペブル・プロジェクトは、Northern Dynastyと同社100%子会社のPebble Limited Partner [...]

» 続きを読む

【アイルランド】下院、政府系ファンドで化石燃料100%ダイベストメントする法案が第二読会を通過

Facebook Twitter Google+

 アイルランド下院は1月26日、アイルランド国債管理庁(NTMA)が管理する「アイルランド戦略投資基金」の運用から5年をかけて石炭、石油、天然ガスという全ての化石燃料から100%ダイベストメント(投資引揚げ)することを強制する法案の第二読会を開催し、90対53の賛成多数で通過した。法案は下院財政委員会に付託され、今夏に第三読会が開催される予定。第三読会で可決されると、法案が下院を通過し、実質的に法案が成立することになる。この法案が成立 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る