【中国】天津爆発事故、不動産企業らが連携し損壊家屋を買取りへ

Facebook Twitter Google+

 8月12日に天津港で発生した大爆発事故、2015年天津浜海新区倉庫爆発事故。爆発により、多くの建物や家屋が倒壊・損壊した。その対応として8月下旬、天津の地場不動産企業である天津不動産グループ、天津泰達投資ホールディングス、天津住宅建設発展、天津海泰ホールディングス、天津天保ホールディングスの5社は、「天津不動産企業社会責任連盟」を自主的に創設。法律に従い、住民が売却を希望する家屋を購入し、リフォームして再販売する計画を発表した。この [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る