【日本】ソフトバンク、次世代電池Lab.設立。世界の開発支援プラットフォーム目指す

Facebook Twitter Google+

 ソフトバンクは3月15日、質量エネルギー密度が高く軽量で安全な次世代電池の研究開発および早期実用化の推進に向け、世界中のさまざまな次世代電池の評価・検証を行う施設「ソフトバンク次世代電池Lab.(ラボ)」を2021年6月に設立すると発表した。  同社は、現在、世界でさまざまな電池メーカーが技術検証を実施しているが、メーカーごとに技術評価環境・検証基準が異なり、同一環境下での性能差の分析・技術課題の特定が難しいという課題があると指摘。 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る