【シンガポール】政府、カーボンプライシング法案のパブコメ募集。大企業にCO2排出課税

Facebook Twitter Google+

 シンガポール環境水資源省は10月31日、同国にカーボンプライシング(炭素価格)制度を導入する法案の2回目のパブリックコメント募集を開始した。募集締切は12月8日。カーボンプライシング制度導入については今年年初に財務相が財政演説の中で言及。同法案は、カーボンプライシング制度に関する測定、報告、認定等のフレームワークを定めている。シンガポール政府は、パリ協定のもとで、2030年までにGDP当たりの二酸化炭素排出量を2005年比36%削減 [...]

» 続きを読む

【イギリス】Trucost、カーボンプライシング導入のインパクトを企業が算出できるリスク管理ツール発表

Facebook Twitter Google+

 自然資本会計コンサルティング英Trucostは8月15日、カーボンプライシング(炭素価格制度)導入によるインパクトを企業が測定できるツール「Corporate Carbon Pricing Tool」を発表した。二酸化炭素排出権利を有料化するカーボンプライシングの導入が世界的に検討される中、企業は導入された場合のコスト増インパクトを見積もり、対策を練っておく必要がある。今回のツールを用いることで、その計算が可能となる。Trucost [...]

» 続きを読む

【カナダ】トルドー首相、カーボンプライシング導入の意向を発表。複数州は導入に反対

Facebook Twitter Google+

 カナダのトルドー首相は7月20日、カナダ各州首相との貿易・気候変動・医療制度会議に先立ち、二酸化炭素排出削減を実現するために「カーボンプライシング(炭素価格制度)」を導入していく考えを示した。米ブルームバーグが報じた。一方、カナダの複数の州は、カーボンプライシングの導入に異議を唱えており、この政策が実現するかはまだ不透明だ。  今年前半、トルドー首相は各州首相とカーボンプライシングについて合意を目指したが失敗。その代わりに、カーボン [...]

» 続きを読む

【国際】炭素価格制度の市場規模、約500億米ドルに到達

Facebook Twitter Google+

 世界銀行グループおよびEcofysは5月26日、世界の炭素価格制度の現状についてまとめた報告書、"Carbon Pricing Watch 2015"を公表した。同報告書によると、排出される炭素量に応じて排出価格を設定する炭素価格制度の市場規模は全世界で500億米ドル近くに達したという。  これは、世界各地で実施されている既存の炭素税制度の140億米ドルに加え、新たに韓国で始まった排出権取引制度や米国カリフォルニア州、カナダのケベッ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る