private 【アメリカ】バイデン大統領、TikTokやWeChat対象のトランプ大統領令を撤回。基準に基づくルール整備へ

Facebook Twitter Google+

 米ジョー・バイデン大統領は7月9日、前トランプ大統領が署名した中国のIT大手を対象とした3つの大統領令を撤回し、新たにオープンで公正な規制措置を設ける大統領令に署名した。これにより、中国のByteDance(字節跳動)運営のTikTokや、テンセント運営のWeChat(微信)等計10社に対し発動されていた要求が撤回された。2社については訴訟状態に発展していた。  今回、バイデン大統領が撤回したのは、大統領令13942、13943、1 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】連邦地裁、WeChatダウンロード禁止の大統領令に予備的差止命令。ユーザーが提訴

Facebook Twitter Google+

 米サンフランシスコにある連邦地方裁判所は9月19日、米連邦政府がWeChatに運営停止を大統領令で強制している事案について、同大統領令の予備的差止命令を発した。連邦政府を相手取りユーザーが提訴しており、本案判決前に執行されると「回復不能な被害」のおそれがあると判断し、事前差し止めを命じた。 【参考】【アメリカ】商務省、WeChatとTikTokのアプリ配信・更新を9月20日から禁止。WeChatでの送金も(2020年9月20日)   [...]

» 続きを読む

【アメリカ】商務省、WeChatとTikTokのアプリ配信・更新を9月20日から禁止。WeChatでの送金も

Facebook Twitter Google+

 米商務省は9月18日、トランプ大統領が8月6日に署名した大統領令に基づき、米国内でのTikTok及びWeChat(微信)に関する禁止措置を9月20日から発動すると発表した。中国共産党が、両アプリを通じて、米国の国防、外交政策、経済に脅威を与えていることへのセーフガードと説明した。 【参考】【アメリカ】トランプ大統領、ByteDanceに対し米国でのTikTok事業を90日以内に売却するよう命令(2020年8月15日)  9月20日か [...]

» 続きを読む

【フランス】BNPパリバ、中国人気決済サービスWeChat Payを欧州中の小売店で導入推進

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手仏BNPパリバは11月8日、中国で6億人のユーザーを持つモバイル決済サービス、テンセントのWeChat Pay(微信支付)を、ヨーロッパ全土の小売店が導入するのを支援すると発表した。第1号として仏百貨店大手ギャラリー・ラファイエットのパリ2店舗ではすでに9月25日から利用可能となっている。  ヨーロッパを訪れる中国人観光客は740万人。人気の決済ツールを提供することで、小売店側は売上増加と顧客ロイヤルティ向上を狙う。 【 [...]

» 続きを読む

【中国】テンセント、2013-2014年版の「CSR報告書」を発表。各サービスのインパクトを開示。

Facebook Twitter Google+

 世界的なインターネット大手、中国のテンセントは6月26日、2013〜2014年版のCSR報告書を発表した。同社は2年おきにCSR報告書を発表しており、今回が4回目。CSR報告書のテーマは「For the connection」。全社の経営スローガンである「全てを繋げる」に基づき、過去2年での達成成果をまとめた。テンセントは、メッセージアプリである「Wechat(微信)」、同社の歴史を築いてきた初期のチャットサービス「QQ」、SNSの [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る