Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【アメリカ】グーグル、自宅の屋根が太陽光発電に向いているかを教えてくれる「Project Sunroof」を公表 2015/09/04 最新ニュース

shutterstock_273400325

 米IT大手グーグルが新たにユニークなオンラインツールを公表して話題を呼んでいる。それは、自宅の屋根が太陽光発電に向いているかどうかを簡単に教えてくれるというものだ。グーグルが8月17日に公表したオンラインツールのProject Sanroofは同社のグーグル・マップを技術を活用したもので、ユーザーは自宅の住所を入力するだけで年間の想定日照時間、設置可能な太陽光パネルの面積、そして太陽光パネルの設置により節約できる金額の概算を知ることができる。月の電気料金を入力すればより正確な推奨導入キロワット数、節約金額を知ることも可能だ。

 このオンラインツールは現状米国のサンフランシスコのベイエリア、フレスノ、そしてボストンの住民のみ利用可能となっているが、グーグルは今後数か月以内にツールを更に進化させ、対象範囲を拡大予定だという。

 同プロジェクトはグーグルの20%プロジェクト(勤務時間の20%は通常業務以外の好きなプロジェクトに使えるというルール)から生まれたものだ。同ツールを開発したグーグルのCarl Elkin氏は公式ブログの中で「太陽光発電のコストは記録的な低さとなっている。典型的なソーラー住宅は年間数百ドルから数千ドルもの電気代を節約することができる。しかし、私はとても多くの人々が『うちの屋根は発電に十分な太陽光がない』とか『太陽光発電は高すぎる』と思っていることにいつも驚いていた。明らかに彼らの多くがお金を節約し、より環境に優しい生活をするというチャンスを逃してしまっているのだ」と語っている。

 グーグルは太陽光パネル以外にも、EPAらと協力して米コロラド州デンバーで同社のストリート・ビューシステムを活用した大気汚染状況のマッピングプロジェクトを実施するなど(参考記事:「【アメリカ】グーグルとAclima、大気汚染の改善にグーグル・ストリート・ビュー撮影車を活用」)、自社の技術を活かした斬新なサステナビリティ・プロジェクトを続々と立ち上げている。

【参考サイト】Project Sunroof
【参照リリース】Project Sunroof: mapping the planet’s solar energy potential, one rooftop at a time

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る