【イギリス】Arabesque Partners、企業のサステナビリティ情報分析ツール「S-Ray」開発 2017/04/22 最新ニュース

 ESGクオンツ運用会社Arabesque Partnersのゲオルグ・ケル副会長は4月12日、機械学習やビッグデータを活用した新たな企業のサステナビリティ分析ツール「S-Ray」を開発したを発表した。ケル氏は、1997年に国際連合貿易開発会議(UNCTAD)での勤務を開始し、1997年間から3年間国連事務総長室で上級スタッフを務めた。2000年には国連グローバル・コンパクト(UNGC)初代事務局長に就任し、2015年まで15年間同職を勤め上げた。

 今回開発された「S-Ray」は、世界大手企業47ヶ国4,000社以上のサステナビリティ関連データを、15言語5万以上の情報源から収集し、200種類のESG測定データとして整理。そのデータに基づき、2つの方法で企業の状況をスコアリングしている。一つ目はの「GC-Score」は、企業が国連グローバル・コンパクト(UNGC)を遵守できているかを定量評価。もう一つの「ESG-Score」は、業界のマテリアリティに照らし合わせたときの定量評価。ツールの主要なターゲットは、投資家およびその他のステークホルダー。

 ケル氏は、長年の国連での経験を踏まえ、企業のサステナビリティへの関心や、投資家のESG投資は、徐々に普及しつつあるものの、未だ世界の大勢を決するまでには至っていないと危機感を述べている。そのため、ESG情報を統一的に提供できるプラットフォームを構築することで、企業のサステナビリティ情報開示とESG投資の動向をさらに拡大していきたいとしている。

【参照ページ】S-Ray: The power of sustainability information

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る