【国際】森林保護Canopy、ビスコース繊維世界大手11社の森林保護ランキング公表 2017/11/15 最新ニュース

 カナダ森林保護NGOのCanogyは11月1日、ビスコース繊維原料の世界大手11社の森林保護ランキングレポート「Hot Button 2017」を公表した。レーヨン・ビスコース繊維は木材パルプを原料としている。ランキング発表は2016年に開始され、今回が2回目。Canopyの活動は、リーバイ・ストラウス、H&M、マークス&スペンサー、ZARA展開のインディテックス等も協力している。同ランキングは、世界アパレルブランド、小売、デザイナー105社が活用しているという。

  1. アディチャ・バーラ・グループ(インド)21点
  2. レンチング(オーストリア)20.5点
  3. 唐山三友集団興達化繊有限公司(中国)14点
  4. 富麗達集団(中国)13.5点
  5. Sateri(中国)9.5点
  6. 山東雅美科技有限公司(中国)7点
  7. 中国恒天集団恒天海龍(CHTC Helon)(中国)6点
  8. 新郷白鷺化繊集団(中国)6点
  9. 南京化繊(NCFC)(中国)6点
  10. 江西翔盛集団(中国)-1点
  11. 江蘇澳洋科技(中国)-5点

 ランキングでは、森林保護への取り組み、代替品活用、木材パルプ調達方針、サプライヤーへの改善主導、情報開示、第三者認証、原生林等物議を醸す地域での事業運営の観点で評価され、満点は35点。30点以上で「濃グリーン」、20点以上で「薄グリーン」、10点以上で「イエロー」、それ未満は「レッド」のカテゴリーが付けられる。今年の特徴は、

  • <世界シェア25%の最大手アディチャ・バーラ・グループとレンチングが「薄グリーン」取得
  • 中国唐山三友、富麗達、Sateriの3社は、Canopyの独自監査「CanopyStyle Audits」を申請
  • 11社のうち1位から5位SateriまではCanopyの独自監査「CanopyStyle Audits」を実施または実施予定
  • 2社は調査に回答せず、最も低い「レッド」を取得
  • ENKAが新たにCanopyStyleイニシアチブに参画
  • 3社がパルプ・サプライヤー情報をウェブサイトで公開

【参照ページ】The Hot Button Issue Report for 2017 – A Ranking of Global Viscose Producers
【レポート】The Hot Button Issue 2017

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る