【イギリス】冷凍食品大手アイスランド、2023年までにプラスチック・パッケージを全廃 2018/01/22 最新ニュース

 英食品大手アイスランドは1月16日、2023年までに全商品でプラスチック・パッケージをやめることを決定した。全商品でプラスチック・パッケージをやめるのは世界初。代替として、完全リサイクル可能な紙・パルプ素材のトレーやパッケージを導入する。英国ではプラスチックごみ削減に政府も乗り出しており、同社は一早く自主的にプラスチック利用を削減する。

 アイスランドは、英国で冷凍食品のリーディングカンパニーとして知られており、自社店舗も約900店ある。冷凍食品は、プラスチック・パッケージが非常に普及しているため、同社の取組には大きな注目が集まる。使用した紙・パルプ素材のパッケージやトレーは、政府のリサイクルごみ回収や自社のリサイクル施設を活用し、完全リサイクルする。同社はすでに、プラスチック・ストローの使用を停止している。

 今回の取組では、新たなパッケージ開発で、国際環境NGOのグリーンピースからアドバイスを受けた。英調査会社が実施した英国5,000人対象のアンケートによると、消費者80%が、スーパーマーケットがプラスチック・パッケージをやめることを支持。91%が家族や友達にそのスーパーマーケットを勧め、68%が他のスーパーマーケットも同様の取り組みを行うべきと回答した。

 アイスランドは、英国で初めて、自社ブランド商品から化学調味料や着色料、遺伝子組換え食品の利用をやめた歴史がある。新たにプラスチックごみへの取り組みでも業界をリードしていく。

【参考サイト】ICELAND AIMS TO BE PLASTIC-FREE ACROSS OWN LABEL RANGE BY 2023

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る