【イギリス】政府、経営陣と従業員の給与格差是正義務化法案提出。従業員250名以上の上場企業対象 2018/06/17 最新ニュース

 英国政府は6月11日、経営陣と従業員の給与格差の是正を義務付ける法案を英国議会に提出した。英国ビジネス・エネルギー・産業戦略省が検討を進めていた。法案が成立すれば、2019年1月1日から施行され、2020年から対象企業は報告が求められる。

 今回の法案の対象は、従業員数250名以上の上場企業。経営陣の報酬と一般従業員との給与格差(Pay Ratio)に関する毎年の情報開示と格差是正に向けた説明が求められる。加えて、取締役会での従業員利害の汲み取り手法や、株主が長期インセンティブプランに投票する上で株価上昇が役員報酬に与える影響を報告することも義務化される。

【参照ページ】UK’s biggest firms will have to justify pay gap between bosses and their workers

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る