【中国】中国平安保険、ブロックチェーン金融プラットフォームとAI健康アプリで東南アジア市場進出 2018/09/01 最新ニュース

 中国平安保険は8月中旬、2019年度に海外事業を大幅に強化すると発表した。中国平安保険は、ブロックチェーンを用いた金融プラットフォーム開発子会社「OneConnect」と健康管理アプリ開発子会社「Ping An Good Doctor」に大きな投資をしており、この2社が海外市場攻略の戦略柱となる。同社は今年上半期での海外事業売上比率をすでに7%にまで伸長させた。

 OneConnectは、すでに香港で受けいられれている。香港の中央銀行・香港金融管理局(HKMA)及びHSBC、スタンダードチャータード等の7つの主要民間銀行はOneConnectを用いた決済システムの導入を目下準備中。中国本土ではすでに441銀行が採用し、シェアは89%と非常に高い。同社は現在、東南アジアの中央銀行や民間銀行大手とも導入について議論を進めている。

 Ping An Good Doctor(正式名称Ping An Healthcare and Technology)は8月、東南アジアの配車アプリ大手Grabと合弁会社を設立。Grabの利用者向けに人工知能(AI)を活用した健康アドバイスサービス提供を開始する。出資比率はPing An Good Doctor70%、Grab30%。

 また同社の病院支援サービス子会社「Ping An Health Technology」も東南アジアへの進出を準備している。同社は、人工知能(AI)を活用し、患者データを用いて、病院経営を効率化する支援をしている。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る