【国際】RBA(旧EICC)、サプライチェーンでの労働改善で新イニシアチブ発足。労働者から直接声収集 2018/11/14 最新ニュース

 電子機器業界サステナビリティ推進機関RBA(責任ある企業同盟、旧EICC)は11月12日、製造業での労働慣行改善に向けた新たなイニシアチブ「Worker Well-Being」を発足したと発表した。2019年はアジアでの製造業サプライチェーンを主なターゲットとし、その後は対象地域を拡大する計画。

 Worker Well-Beingイニシアチブの主な内容は、

  • 業界全体での包括的な製造業労働者調査の実施
  • 労働者への健康認知向上教育
  • 労働者健康プログラムの国を超えたベストプラクティス収集
  • 労働マネジメント研修及びツールの強化
  • 労働者に影響を与える重大な課題について外部専門家やステークホルダーとの協議

 今回のイニシアチブは、製造業に関わる労働者の健康及びウェルビーイングの改善に向けて、まず課題が多いと言われるアジア地域からの現状把握から開始。労働者から直接声を収集し、改善ポイントを探る。そして、個別企業の対応では難しい問題も含め、業界全体での改善に乗り出す。最終的には、現状を把握するデータ収集体制を確立し、長期的なポジティブインパクトを生み出す状態を目指す。

【参照ページ】Responsible Business Alliance Initiative Launched to Advance Worker Well-Being

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る