【日本】経産省、高度外国人材受入れ促進ポータルサイト開設。企業の採用促進 2018/12/27 最新ニュース

 経済産業省と日本貿易振興機構(JETRO)は12月25日、高度外国人材の日本での受入れ促進に向けたウェブサイト「高度外国人材活躍推進ポータルサイト」を開設した。外国人材と採用企業側の双方に対し情報をまとめている。「特定技能」在留資格を新設し単純労働者の受入れを決定した政府は、高度外交人材の受入れも推進している。

 高度外国人材とは、学術研究者、技術者、経営マネジメント人材の3分野で、各々の特性に応じて学歴、職歴、年収等の項目毎にポイントを設け、70点以上獲得した場合にビザ発給の優遇措置をとる制度。在留期間が長くなり、配偶者の就労や親の帯同も許可される。永住許可要件も緩和される。現在、高度外国人材は約13,000人。国籍別には中国が3分の2と圧倒的多数を占めており、米国4.5%、インド4.3%、韓国3.7%、台湾3.6%の順。


(法務省)

 今回のウェブサイトでは、「高度外国人材」の定義を簡便化。在留資格が「専門的・技術的分野」に該当し、採用された企業では研究者、エンジニア等の専門職、海外進出等を担当する営業職、法務・会計等の専門職、経営に関わる役員や管理職等に従事し、かつ日本国内または海外の大学・大学院卒業同等程度の最終学歴を有している人を「高度外国人材」とみなした。JETROなりのノウハウをまとめた。

 経済産業省は、2019年4月から、中小企業での高度外国人材採用支援や就労環境整備等の支援も展開する予定。

【参照ページ】高度外国人材活躍推進ポータルサイト(Open for Professionals)を開設しました
【ウェブサイト】Open for Professionals

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る