【国際】グーグル、Googleマップに自転車経路検索機能追加。ライドシェアも。消費者需要に対応 2019/09/11 最新ニュース

 IT世界大手米グーグルは8月28日、地図アプリ「Googleマップ」の経路検索機能の強化。交通手段として、自転車や自動車ライドシェアを追加した。健康志向や二酸化炭素排出量削減として自転車が注目される中、高い市場シェアを誇る同アプリが対応した。

 従来は、自動車等の交通手段以外は徒歩しか検索手段がなかった。今後は、「最寄り駅まで自動車ライドシェアで行った場合」や、「ラッシュアワーを避けて、バス停まで自転車で行く場合」というような検索が可能となる。目的地への到着予定時刻の表示は従来と同様、自転車を使用した場合には自転車走行に適したルートが表示され、ライドシェアする人向けには、費用や待ち時間、渋滞発生時のバス・電車の発車時刻等も表示される。

 ライドシェア業者の登録や利用サービスの切り替えも可能。新機能は、今後数週間かけ、30ヶ国でAndroid及びiOSに追加される予定。但し、自動車と同様、スマートフォンを見ながらの走行は危険を伴うため注意が必要。日本では道路交通法違反に該当し、5万円以下の罰金も科される。

【参照ページ】Travel your first and last mile with Google Maps

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る