【中国】政府、業務上での塵肺疾患者に対する労働保険適用を3年間義務化。資源採掘業、建設業等 2019/12/14 最新ニュース

【中国】政府、業務上での塵肺疾患者に対する労働保険適用を3年間義務化。資源採掘業、建設業等 1

 中国政府の人力資源社会保障部と国家健康衛生委員会は12月11日、粉塵や有毒物質に長時間さらされた結果引き起こされる「塵肺」にかかるリスクの高い業種の企業に対し、2020年から3年間、労災保険の加入を義務付ける通達を出した。

 塵肺は、資源採掘業、建設業、有色金属関連の冶金業等でリスクが高い。中国でも20年ほど前から問題が指摘されてきたが、近年、移民労働者が安全に関する権利を求める集団抗議活動が活発に繰り広げられており、政府として対応に乗り出した。最近では海南省で働く移民労働者135人が、職業病にかかったことを証明するための健康診断実施を要求したデモ活動を同省の省都・海口で展開。同様の抗議は、湖南省、江西省、陝西省、また深センでも発生している。

 今回の決定では、各地方政府に対し、粉塵危害基礎データーベースの整備を義務化。特に、炭鉱業、建設業、冶金業の企業数、企業名、住所、経営状況、代表者名、従業員数、労働状況情報のデータ収集する。その上で、塵肺リスクを下げるための行政方針を立てることを命じた。

 その上で、炭鉱業、建設業、冶金業での塵肺労災者に対し、2020年から3年間、労災保険の適用を義務付けることも通知した。対象企業に対し指定の専門病院とタイムリーな連携を図り、塵肺と診断された労働者には労災が適用され、法律に則った治療・補償を実施することが義務化された。

【参照ページ】人力资源社会保障部 国家卫生健康委关于做好尘肺病重点行业工伤保险有关工作的通知

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る