【10/28、29:ウェビナー】RI Digital: Japan 2020「Designing the sustainable ‘new normal’」開催 2020/09/28 行動する

【10/28、29:ウェビナー】RI Digital: Japan 2020「Designing the sustainable ‘new normal’」開催 1

 今般のパンデミックを受け、サステナビリティへの傾斜はますます強まっています。Responsible Investorでは、ESGの現況を踏まえ、スチュワードシップ、多様性、企業レジリエンス、脱炭素化など様々な角度から、経済再興の道筋とニューノーマルの形成を検討するカンファレンス、RI Digital: Japan 2020をオンライン開催いたします。

 2020年初頭のスチュワードシップコードの再改訂は、企業価値創造のナビゲーターとしての、投資家の役割を改めて強調するものでした。一方で、新型コロナウィルスはコード署名機関に大きな課題を突き付けました。IMFが世界規模の景気後退を警告したり、日本銀行がこれまで以上のETF購入に踏み切り、国内株価の下支えに回るなど、大規模なパンデミックが経済に与えた影響は甚大なものです。

 またパンデミックは、政策決定者にとって、サステナビリティに関わるレギュレーション策定の更に強い動機づけになった様にも見られます。またこうした政策が、メインストリームの金融機関にも受け入れられるであろうという期待感も増しています。秋に発表される見通しの、新欧州サステナビリティファイナンス戦略(The Renewed European Sustainable Finance Strategy)は、サステナブルファイナンスの世界的な指標を設定するとも考えられています。

 銀行、年金基金、保険会社、アセットマネジャー、そして政策決定者すべてが、この急速に発展している世界のトレンドに鋭い注意を払いながら、この波乱の時期を乗り越えていかなければなりません。

 RI Digital: Japan 2020は日本の投資家が、グローバルな重要議題を討議し続けるためのプラットフォームです。ESGの現況といった大きなテーマから、スチュワードシップ、多様性、企業レジリエンス、脱炭素化といった個別具体的なテーマまで、経済再興の道筋とニューノーマルの形成のために、検討せねばならない喫緊の課題を扱います。

 国内外の投資プロフェッショナルが次の10年のオポチュニティを探索する、開かれた場です。 質疑を通じて、ぜひ議論にご参加ください。

※Sustainable Japanは、当ウェビナーの運営にメディアパートナーとして参加しています
※Sustainable Japan編集長の夫馬賢治も、当ウェビナーに登壇します。

■開催日
2020年10月28日(水)、29日(木)

■会場
オンライン開催

■対象
機関投資家、金融機関、企業など

■参加費
無料

Responsible Investorをご購読でない方も無料でご参加いただけます。全ての投資プロフェッショナルが次の10年のオポチュニティを探索する、開かれた学びの場としてご活用ください。

■プログラム、登壇者など詳細

  • 再興の道筋と変わりゆくESGの地平
  • アセットマネジャー、そしてアセットオーナーのスチュワードシップ責任の遂行
  • 企業レジリエンス、働きやすい職場、多様性とインクルージョン
  • ゼロエミッションと低炭素移行の現実
  • サステナブル・ファイナンスの国際調和
  • リスク開示の次のステップ

全セッションは日本語で実施、または日本語字幕付きで配信されます。

■お申込み
事前参加登録が必要です。下記URLからお手続きください。
https://na.eventscloud.com/website/15524/jpn/home/

【10/28、29:ウェビナー】RI Digital: Japan 2020「Designing the sustainable ‘new normal’」開催 2

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る