【ヨーロッパ】パナソニック、民生用電池事業で欧州から撤退。子会社3社の全株式をドイツ投資会社に売却 2021/03/18 最新ニュース

【ヨーロッパ】パナソニック、民生用電池事業で欧州から撤退。子会社3社の全株式をドイツ投資会社に売却 1

 パナソニックは3月17日、100%出資の欧州民生用電池事業子会社3社の全株式を、ドイツ投資会社オーレリウス・グループに売却すると発表した。競合が増える中、乾電池等の欧州での事業拡大は難しいと判断した。

 今回売却するのは、パナソニック エナジーベルギー(PECBE)、パナソニック エナジーヨーロッパ(PECE)、パナソニック エナジーポーランド(PECPL)の3社。同社は1970年にPECBEをベルギーに設立し、電池の現地生産を開始。1974年に販売会社としてPECEを同国に設立。さらに1993年には生産子会社としてPECPLをポーランドに設立していた。

 今後同社は、培ったノウハウを活用し、アジアや中南米で民生用電池事業を強化していくという。

【参照ページ】欧州民生用電池事業会社の株式譲渡について

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る